文体・描写
三人称表現での描写は難しい

小説の中でも(特に文学)は説明ではなく。描写をしろという。 彼は悲しいと感じた この文章を文学作品の中で書いたら、 「それは、描写でなく、説明だ!」と批判されるだろう。 文学作品では登場人物が何をどう見たのか、感じたのか […]

続きを読む
文体・描写
文学における描写と創造

文学作品と説明というものは相性がよくない。 アナリティクスのアカウントを作成します。google.com/analytics を開きます。 アカウントを作成するには [無料で利用する] をクリックします。 すでに Goo […]

続きを読む
文章のルール
文章のルールは村上龍「走れ!タカハシ」で学ぼう

小説世界の文章の書き方にはルールがある。 それなのに、芥川賞作家の作品でも平然とそのルールが無視されたりしている。 何を基準に「小説世界の文章の書き方のルール」を学べばいいのか? ずっと考えていたのだが、村上龍「走れ!タ […]

続きを読む
文豪の作品
模倣と創造

新しい何かを作るとき、現在あるものを観察する必要がある。 今あるものを理解し把握できなければ新しいものは作れないのだ。 それゆえにすべての創造物は模倣から生まれる。 文学作品でさえ、このきまりからは逃れられない。 そこで […]

続きを読む
文学
その文学作品はどのようにできているのか?

新年会の帰りに、同席した方々と同じ帰り道になり、 道中趣味の話でもりあがった。 ぼくの番になり、「文学」の話をするも ちんぷんかんぷんの様子。 中上健次も安部公房も、クッツェーもル・クレジオも、ガルシア=マルケスも この […]

続きを読む