文体・描写
情景描写に、心理描写を織り込んでみたり、情景の途中で過去の追想を、はさむと読者を飽きさせない

情景描写 小説などにおいて、物語の特定のシーンの光景や有様などに関する記述のこと。参照元 weblio 情景描写とは何か? を調べるとそのように説明される。 じっさい、情景描写ばかりが延々と続く小説・文学作品というものも […]

続きを読む
文体・描写
小説を書くときも最低限のルールがある。三人称小説

いくら小説の書き方にはルールがないといってみても限度というものがある。 その一つがこれだ。↓ これは、三人称で小説を書くときのルールで 会話文は口語なのだが、地の文は文語で書かなければいけないというものだ。 なぜかという […]

続きを読む
文学作品・小説創作講座
「章立て」は本の売上にも響く

以前、始めての出版社から本の執筆を依頼された。 こういうテーマで250枚以上を1か月で書いてくださいと指示され、 「その前に至急、章立てを提出してください」と言われた。 担当の編集者によると、章立てしだいで売れ行きは変わ […]

続きを読む
文体・描写
言葉は正確に伝えるモノなのに、文学では不正確な表現で正確なものを感じさせようとする。(文学における描写の最適解)

寝巻き姿のおじいちゃんが家の下の道路を歩いていき、電信柱の下にゴミ袋を置いていった。朝が始まる。 綿矢りさ「蹴りたい背中」より この文章を読んで、読者は下町の朝の光景を思い浮かべると思う。 文学ではこのような描写が要求さ […]

続きを読む
文体・描写
文体・語り口は純文学を一瞬で異世界転生モノ文学に変えてしまう。カフカを舞城王太郎が書いたら・・・

ある朝、グレゴール・ザムザが気がかりな夢から目ざめたとき、 自分がベッドの上で一匹の巨大な毒虫に変ってしまっているのに気づいた。 彼は甲殻のように固い背中を下にして横たわり、頭を少し上げると、何本もの弓型のすじにわかれて […]

続きを読む